わきが・多汗の治療法

わきが、多汗の治療法
わきが、多汗症の治療法としてミラドライを紹介してきましたが、ミラドライのほかにはどのようにして治療するのでしょうか。

わきがの治療法

わきがの場合、治療法は幅広く、様々な種類があります。わきが特有のニオイを根本的に治すにはにおいの原因となる、アポクリン腺を取り除くことが一番なのですが、症状にあった治療法を選択することが大切です。
症状が軽度の場合、塗り薬や飲み薬でニオイを防ぐこともできます。市販のものもありますが、できればクリニックでの処方がおすすめです。
手術する程でもない中度の症状の方は、わきにいるボツリヌス菌の毒をワキのしたに注射し、汗を出す時の伝達物質を抑えることで汗の量を減らします。注射をするだけなので手術跡は残りませんが、効果は永続的ではないです。

重度の症状の方は、手術が必要になります。最も広く行われている治療法で、剪除法というのがあります。
剪除法はわきのしたを切開して裏返し、アポクリン腺を医師が目視しながらひとつずつ取り除いていきます。しっかり取り除くことができれば、わきが、ニオイの原因でもあるアポクリン腺は再生しないため、最も効果的といわれている治療法です。
しかし、医師の技量が問われる治療方法なので、この治療方法を選ぶ時には、クリニック、医師選びが重要になってきます。

多汗症の治療法

多汗症もわきがと同様に、症状の度合によって治療法が違ってきます。軽度の場合は、塗り薬、飲み薬等で治療することが可能です。
ボツリヌス毒素注射もわきが同様に効果的です。そもそも、多汗症とわきがは、併発することが多いので、同じように治療する方法があります。
重度の症状が見られる場合には、やはり手術が必要です。方法は、神経を切断する手術などがあり、場合によっては保険が適用されることがあります。

腕の良い医師探し

わきが、多汗症治療において、腕のいい医師を選ぶことが重要になります。完治させるために、できるだけ傷跡を残さないためにも、より腕の良い医師のいるクリニックを選ばなければなりません。
一度クリニックに足を運んで、時間をかけて担当する医師と話し合ってみることをおすすめします。