ミラドライの術後臭

ミラドライ施術後の術後臭について

「術後臭」はある?

わき汗、ニオイ、症状の再発に関しての仕組みはわかって頂けたと思います。
しかし、ミラドライの施術を受けた後に、「術後臭」を気にされる方も少なくないです。
従来はメスを使ってニオイの原因だったアポクリン腺を除去していましたが、傷跡が残るという大きなデメリットと、「術後臭」という大きなリスクがありました。
そこで、メスを使わないミラドライでは「術後臭」はどうなのでしょうか。

「術後臭」とは

まず、この「術後臭」というものですが、これはワキガの治療を行ったあとに、わきの下以外から発生する体臭のことを言います。
アポクリン汗腺はエクリン腺と異なり、全身にあるわけではなく、具体的な発生部位に、頭皮、顔、首、方、背中などがあります。
この他にも、上半身全体からニオイが発せられる場合もあって、とてもやっかいです。
術後臭はワキガ特有のニオイとは全く違うニオイで、皮膚臭、親父臭、などと表現されることもあり、今までかいだことのないようなニオイです。

「術後臭」は医学的には証明されていない

ミラドライの施術でも例外ではなく、わきの下のニオイがなくなっても、別のアポクリン腺の動きが活発になり、そこからニオイが出てくる「術後臭」のリスクはあり、心配されるところです。
これにも個人によって差があるのですが、術後臭によって手術前よりも体臭がきつくなった人もいる一方、全く影響がないひともいます。
術後臭は、実際に術後のニオイに悩んでいる人がいるので、この現象自体は事実です。
しかし、それが本当に施術の影響なのか医学的にはまだ証明されていません。
医学的には、アポクリン腺を除去したからといって、そのほかのアポクリン腺、エクリン腺が活発になってニオイがきつくなるということはありえない、となっています。
一部の原因の説明として、施術後の精神的なストレスで施術前より過敏になった、などと言われていますが、実際にはわからないのが実態です。
ですから、そこまで心配をする必要のないことだと私は思います。

「術後臭」をリスクとして捉えるかは個人差がある

術後臭は医学的に証明されていなくても、実際に悩んでいる方がいるので、それをリスクとして捉えるかどうかは、人による見解の別れるところだと思います。