ミラドライ施術後の再発は?

ミラドライ施術後の再発について

ネットを見ていると気になる、再発について

ミラドライの施術で気になることは、受けた時のメリット、デメリットの他に、術後に症状が再発してしまうのか、ということがあると思います。
インターネットの書き込みを見ていても、術後数ヶ月経ってわき汗やニオイがまた出てきた、ニオイが強い方の脇が治っていない、などの書き込みを見ることがあります。
これはどういうことなのでしょうか。

再発ではなく、施術直後は一時的に汗腺の動きが止まる

結論を先に言ってしまうと、再発はしないが、施術の効果で取れる汗腺が100%ではないため、満足度に多少ズレがある、ということです。
通常1回のミラドライの治療では平均で70%の汗腺を完全に破壊します。
治療後すぐは残った30%の汗腺も停止していますが、これは照射直後は余熱などの作用により汗腺の働きを支配する神経の動きが一旦ストップしているためであって、一時的には100%改善したように見えます。
そして数ヶ月経つと再び汗腺が動き始めます。
治療後すぐと比べるとニオイが戻ってきたと感じますが、これは再発ではなく、この状態が本来の状態なのです。
このような現象が起こるということは、しっかりしたクリニックであればカウンセリングの際に説明があるので、気になる部分は積極的に質問してみましょう。
ですが、なかにはクリニックによって説明のされていないというケースもあります。
なので、施術を受ける時には、そのクリニックがしっかりとアフターケアをしてくれるかどうかが重要になってきます。

体感的に汗やニオイが戻ってきたと感じるだけ

ミラドライを受けて数カ月後にニオイが戻ってきた、という原因については分かって頂いたと思います。
1つ言えることは、再発はないということ。
ミラドライで破壊された分の汗腺は機能を失うので、確実にわき汗、ニオイは減少します。
ただ、100%汗腺を破壊できるわけではないので、結果的に再発したと思い込んでしまうことが多々あるということ。
結局、再発に関しては「しない」が正しいですが、最後の点でどうしても個人のズレが生じます。
これは完全には解消できませんが、ミラドライを受けて効果が全く無い、ということは考えにくいので、治療を受けて満足のいく結果が得られる可能性は大いにあります。